約束して破った相手が悪いわけじゃない

スポンサーリンク

久々に普通に思ったことを書きたいと思います。

最近気が付いたんですが、

何かを期待してそれに向け誰かと共に行動しようとすることは素晴らしいと思います。

だけど、具体的なプランを思い描かずに誰かと3,4か月、一年先のことで約束をしても

まず約束通りにはいきませんね。

自分としてはすごく重要視していた約束でも相手にとっては軽い気持ちで受けただけでいざプラン実行というときにその相手はいないなんて事態が起こり得るのです。

そんな時、今まで僕は裏切られたと思っていました。

しかし、この裏切られるというのは相手が悪いように感じるけど、実際このような約束をしたこと自体に問題があると思った方がいいです。

なんでもそうですが、

思ったことは、可能なことであれば今すぐにやってみる。

本当にそう思います。

今できないことを誰かと行う約束をするのであれば、具体的な計画を練らなければいけないのです。それに自分だけが具体的なイメージを持っていたとしても、その具体的なイメージが相手の心に伝わっていなければ、相手としては不安でしかないし、ましてや、計画の重要性が伝わらないと行動に移してはもらえません。

行動に移すというのはエネルギーが必要です。お互いにモチベーションが高まらないと先の約束はもちろん、今できる事ですら、ともに協力して行動してくれません。

僕自身、他人と将来のことに期待を抱き約束することはあまり好きではありません。

モチベーション向上のために敢えてドラマチックに

「来年、中国語を話せるようになったら、またここで会おう!」

みたいな約束をすることはありますがwww

必ず約束を果たせるかというとお互いそんなことはないと思います。

そんな先のことを毎日毎日思って生きること自体、僕には難しいことです。

それならいっそ、今思ったことを忘れないうちにやってしまった方がずっと楽です。

後回しにしていたら、いざやる時にはもう好奇心が減少していて行動に移すのが難しくなります。

究極を言えば

本当に誰かの協力が必要で今できないことっていうのは無いと思ってます。

約束を達成すること?ゴールすることは先のことかもしれませんが、

今からその本番のための準備や具体的な内容を魂込めて相手に伝えることはできるのです。